ふらっとパリ
フランス・パリの生活、アート、テーブルセッティングなどを写真と共に綴ります。
| 荒井好子のHP | 荒井好子の紹介 | 「Recevoir」について | 最新情報 |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モンサンミシェル
PICT1776.jpg
PICT1775.jpg

観光地にはやじんま根性の人が行くところと思っていたが、決してばかにしたものではないと改めて認識する。いとこと”美”がある。目を楽しませ魂を振動させる。
モンサンミシェルに何十年ぶりかで行った。修道院は全く変わっていないが、その周りは観光地化してホテルが何軒かあった。それでも日本の観光地から比べると、周りの風景の美しさを壊すような宣伝や、売店がないのが”まあ良いと”私を納得させた。
昔はぐるぐると回りながら頂上にたどり着き”苦悩の後の快感”のような味わいを得たが、今は近道があり苦労なく頂上にいける。こんな島で辺境な地に、しかも山の頂上に石で建物をたてる。人間の想像を超えたすごさを感じる。人間て大バカをやりかすが、こんな想像を絶することもする。頂上から眺める展望の雄大さに心を奪われながら、この山に一つの小さな町を組み立てた人間の知恵と信仰心に心が捕われて仕方がなかった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ふらっとパリ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
designed by BLUEPYRAMID
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。