ふらっとパリ
フランス・パリの生活、アート、テーブルセッティングなどを写真と共に綴ります。
| 荒井好子のHP | 荒井好子の紹介 | 「Recevoir」について | 最新情報 |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音楽がいっぱい!
6月21日は夏至。一年で最も日が長い、もっとの幸せを感じる日だ。まるで音楽祭を祝すかのように、久しぶりに太陽がパリに顔を出した。青空が見えるだけで十分!昼頃から町をぶらぶら。至る所で演奏の準備中。フランス全土が音楽でわき上がる一日だ。交通手段は一晩中動き、切符は2ユーロ50でどこまでも。このサービス精神をぜひ”日本の権力を握るおじさんたち”に知ってほしいですね。
社会党政権のときの文化大臣、ジャック・ラングの提案で、27年前から始まったこの音楽祭は、世界に伝播している。今年は戦争が津ずくイスラエルとパレスチナで行われた。アートは、人間を仲良くする。誰でも承知しているが、一部の権力の利益で、私たちが持つあらゆる手段は決して、平和な人間共存のために使われたことがない。政治家の美しい言葉ほど用心しなければならないといとも思っている私だ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ふらっとパリ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
designed by BLUEPYRAMID
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。