FC2ブログ
ふらっとパリ
フランス・パリの生活、アート、テーブルセッティングなどを写真と共に綴ります。
| 荒井好子のHP | 荒井好子の紹介 | 「Recevoir」について | 最新情報 |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリのロマンチック美術館
美術館は地下鉄サン・ジョルジュにあります。画家アリ・シェフェール(1795ー1853)の家でしたが、一回には、作家ジョルジュ・サンド(1804ー1876)の遺品が展示されています。彼女は今で言う”フェミニスト”でしょう。彼女は結婚をして子供もいましたが、作家として一人の人間として生きた女性です.男装をしたりして結構スキャンダルな生活を繰り広げました。多くの男性と恋愛をしましたが、特にショパンやミュセの愛人として知られています。彼女の腕とショパンの手が飾ってありますが、彼女の手が以外とふくよかで小さい、そしてショッパン手の何と繊細でデリケートなことでしょうか。ショパンの真珠が連鎖するようなピアノの音が耳に聞こえるようです。
大きな大木がうっそうと茂る入り口を抜けると、小さな家が目の前に広がります。まるでどこかフランスの地方にいったような静けさがあり、大都会のパリとは信じられません。19世紀には、このような家がパリにもたくさんあったのではないかと思わせ、当時の生活の時間の流れはきっと緩やかだったろうと一人想いに耽ります。騒音に囲まれた都会の生活を一瞬忘れさせてくれる美術館です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ふらっとパリ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
designed by BLUEPYRAMID
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。