FC2ブログ
ふらっとパリ
フランス・パリの生活、アート、テーブルセッティングなどを写真と共に綴ります。
| 荒井好子のHP | 荒井好子の紹介 | 「Recevoir」について | 最新情報 |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリの刺繍店
長くパリで生活していても、興味のないものは知らないことが多いです。ちょっと仕事で刺繍をする方をご案内したのが切っ掛けで、アニーさんのお店を知りました。刺繍と一言でいってしまいますが,アニーさんは刺繍でもタピスリー刺繍です。今はもう忍耐のある仕事はすっかり廃れてしまい、このような専門の店は大変珍しいそうです。わずか20m2もない小さなお店は、お店とゆうよりも、彼女の自宅のアトリエのようにアニーさんの人柄がどこにでもただよっています。奥の小さな場所は、毎日刺繍の型を手描きするところです。お父さんが画家だったので、小さいときから絵を描くのが好きだったそうです。ですから彼女の型は全て手で彩色されています。
絹やウール、綿糸が積んである棚からは、美しく光沢のある色がハーモニーを奏でてア二ーさんのお供をしているようです。一人刺繍をして時を生きるアニーさんを思うと、まるでひと昔の時間の流れを感じます。
多くの女性たちが火のそばで刺繍や編み物をした光景は、そんなに昔の話ではなかったはずですが、すっかり忘れられようとしています。
ヨーロッパは幸いに古い家具がたくさん残っていますので、修復でこの技術は決して消えることなないでしょう。しかしこのようなタピスリー刺繍は、クラシックなインテリアにしか似合わないように思います。やはり”古い”イメージから抜けません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ふらっとパリ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
designed by BLUEPYRAMID
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。